新世界と、きみに

若松 遼

 

 

 

 

ゴミ山に捨てられたローレンは、ある夜、絶望の象徴『タナトス』と対抗する希望の力を手に入れる。
餓死寸前だった彼を助けてくれた少女を守る為、ゴミ山のローレンは世界の希望のヒーローになったのだった。



 

 

赤い煙

下村 遥

 

 

 

 

安崎夕子という容姿端麗な女性の人生を30歳から18歳までの人生を遡り、女の嫉妬、女の幸せ、母娘の愛憎を描いた話です。



 

 

スポンジケーキ

笠木 衣織

 

 

 

 

高校生活―それは過去を抱え、今を生き、未来を考える限られた時間。
甘さも苦さも彩りも、全てが混ざり合った世界で完成形を目指す私たちは、まだ何の肩書きも持たないまっさらなスポンジケーキだ。



 

 

手を取るその先へ

河野 愛由美

 

 

 

 

元演出家で高校事務員の東山岬はある日、唯一の演劇部員・原道大和の演技に心奪われ、全国を目指すという大和に協力する為コーチになる。
年上女性と少年の関係を描く四苦八苦をご覧ください。